2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員会公式ブログ。アーチスト藤井浩一朗を応援します。


by shanghai-expo-art

カテゴリ:参加作家プロフィール( 6 )

水谷孝次 Koji Mizutani
アートディレクター/グラフィックデザイナー

ニューヨークアートディレクターズクラブ(N.Y.ADC)
日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
東京タイポディレクターズクラブ(TDC)所属

1951年名古屋市生まれ
1977年日本デザインセンター入社
1983年水谷事務所設立

略歴
1982年 東京ADC賞をはじめ、JAGDA新人賞、N.Y.ADC 国際展・金賞・銀賞、
ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞・銅賞・特別賞、
ブルーノ国際グラフィックデザインビエンナーレ銅賞・特別賞、
コロラド国際ポスター招待展最高賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞ほか、
国内外のグラフィックデザイン界において数々の賞を受賞。
「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に'99年より「MERRY PROJECT」を開始。
'05年には愛知万博「愛・地球広場」にて「MERRY EXPO」を展開。
'06年これらの活動に対して第50回グッドデザイン賞受賞。
08年北京五輪開会式のオープニングセレモニーに芸術顧問として参加。
世界中のMERRYな子どもの笑顔を提供し、プリントされた傘が開いた情景は、全世界に発信された。
また、五輪開催に合わせて8月8日より六本木ヒルズにて、世界に笑顔の花を咲かせよう、という
笑顔とエコを絡めたコンセプトのもと「Merry Garden!」を展開。
’09年 Merry in Asiaとして中国・四川省、インドネシア・バンダアチェを取材し
「Merry Umbrella Project」を開催。
’10年1月 TBS系列 情熱大陸に出演。
「デザインが奇跡を起こす」(PHP研究所)を刊行。
世界25カ国で撮影した30,000人以上の笑顔とメッセージはウェブサイトでも見ることができる。

主な展覧会
1998 The Poster Museum at Wilanow(ワルシャワ)個展
2000 Merry at Laforet 2000(ラフォーレミュージアム原宿+ラフォーレ原宿全館)
TOKYO STREET 2000 参加(ニューヨーク・メトロポリタンパビリオン)
2001 Merry-London Life(ラフォーレミュージアム原宿)
Merry-Tokyo Life(ロンドン・セルフリッジ)
MERRY AT VIRGIN(ヴァージンメガストア新宿店・神戸店)
Merry at Rizzoli (ニューヨーク・Rizzoli)
2002 Merry in KOBE 2001(神戸オーガスタプラザ)
Merry in KOBE 2002(神戸市新長田南再開発工事仮囲い
2003 Merry in New York(六本木ヒルズTHINK ZONE)
MERRY BOWWOW PROJECT(六本木)
Merry in Tokyo(六本木ヒルズMetro Hat(7/25-8/3)
     (丸の内DCROSS、カレッタ汐留、電通ビル、日比谷公園他数十カ所)
渋谷 Merry Clean up Project 1000人のClean up
2004 Merry in Sapporo(北海道札幌市4番街)5万人のClean up Project(5/30)開催
2005年日本国際博覧会「愛・地球博」のため、世界23カ国へMERRYの取材
2005 Merry EXPO(愛知万博、「愛・地球広場」)
Merry EXPO Clean up project (新橋、汐留、名古屋栄、六本木)
2006 Merry EXPO in TOKYO, in NAGOYA(ミキモト東京店、名古屋店)
MERRYこどもの森づくり活動 全5回開催
2007 愛知万博2周年「Merryこどもプロジェクト」
アースデイ愛知「Merryこどもプロジェクト」
「MERRYこどもプロジェクト」キッズデザイン博出品
グッドデザインプレゼンテーション2007「MERRYこどもプロジェクト」出品
MERRY IN NAGOYA 2007(JR名古屋タカシマヤ)
2008 名古屋市中区100周年記念事業として「Merry in NAKAKU」を開催 
北京オリンピック開会式のオープニングセレモニーに芸術顧問として参加
六本木ヒルズメトロハットにて「Merry Garden!」開催
MERRY @ JICA(JICA地球ひろば)
MERRY YOU '08(スターバックス銀座マロニエ店)
Good Design EXPO 2008 出品
2009 MERRY YOKOHAMA at JICA(JICA横浜)
MERRY FARM MARKET(名古屋テレビ塔)
EARTH DAY TOKYO 2009 (代々木公園)
MERRY in Asia (中国・四川/インドネシア・スマトラ島)
MERRY in YOKOHAMA (JICA横浜・パシフィコ横浜)
Merry Farming Festa (日比谷パティオ)
Merry Farming (港区エコプラザ・日比谷公園)
「Dialogue / 国際対話展」招待出品 (台湾・彰化)
Merry Umbrella Project (インドネシア・スマトラ島)

MERRY PROJECT HP http://www.merryproject.com
Mizutani Studio HP http://www.mizutanistudio.com
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-03-24 18:29 | 参加作家プロフィール
所 幸則 Yukinori Tokoro

略歴
1961年生まれ。大阪芸術大学卒業後、フリーのフォトグラファーとして活動。
2009年5月にはEYEMAZING(オランダのファインアートフォトマガジン)で特集が組まれる。

主な個展
1991~2「Neo Photography1-3」(エビスフォトギャラリー)(電通アドギャラリー)
1993「所幸則展」(グラフィックステーション)
1994「Diva」(エビスフォトギャラリー)
1995「所幸則展」(NECショールーム)
「聖なる夢の砦」(吉祥寺パルコ0422ギャラリー)
1997「天使に至る系譜」(ARTS RUSHギャラリー)
2000「眠ル繭 写真展」(渋谷WcLockギャラリー)
2006「天使に至る系譜写真巡回展」(大阪、広島、名古屋、富山、東京)
2008「渋谷1 Second 瞬間と永遠」(ギャラリーコンシール渋谷)

主なグループ展
1992「フォトキナ92」日本代表として出展
1995「日本現代写真展」日本写真家協会、文化庁
1998「MEDIALOGUE 日本の現代写真’98」東京都写真美術館
2009「TOKYO PHOTO 2009」 GALLERY21より出展

作品集
「CHIAROSCURO 天使に至る系譜」(美術出版社)
「眠ル繭」(ゲームキャラクターデザイン+ゲームデザイン)
「日本現代写真史1945-95」(文化庁)
「キアロスクーロ」(美術出版社)
「YUKINORI TOKORO」(用美社)
「diva」(リブロポート)
「Saints and sinnerS」(ぶんか社)
「ワクワクの木」(アゴスト)
「幻想の世界の住人たち」(Mac版自作、Windows版NEC)
「夢みる廻廊」(日本経済新聞社)
「One second 01」(所幸則)

パブリックコレクション
Museum furkunst und Gewewbe Hamburg:1点収蔵
神戸ファッション写真美術館:18点収蔵
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-03-19 14:25 | 参加作家プロフィール
佐藤時啓(Tokihiro Sato)
略 歴
1957 山形県に生まれる
1981 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1983 同大学大学院美術研究科修士課程修了
1993 ダイムラ−ア−トスコ−プグランプリ受賞(フランス滞在)
1994 文化庁在外研修員(イギリス滞在)
2005 海外先進教育研究実践支援プログラム(アメリカ滞在)
現在、東京芸術大学美術学部先端芸術表現科准教授

主な個展
1993 「Photos-Respirations」アジャン美術館・ジャコバン
1999 「光−呼吸 佐藤時啓の眼差し」酒田市美術館
2003 「Photo-Respiration」クリーブランド美術館
2004 「Camera Obscura Project」山口情報芸術センター
「光のキャラバン」埼玉県立近代美術館
2005 「Photo-Respiration:Tokihiro Sato Photographic」シカゴ美術館
2007 「Tokihiro Sato」LIPF連州国際写真祭(中国広東省)
2008 「光ー呼吸:yama」福島市写真美術館

主なグループ展
1990 「第18回日本国際美術展」東京都美術館
 美術文化振興協会賞、埼玉県立近代美術館賞、いわき美術館賞受賞
「東川国際写真フェスティバル」第6回東川新人作家賞受賞(北海道)
「第5回釜山ビエンナーレ」釜山文化センター
1997 「第6回ハバナビエンナーレ」(キューバ)
1999「第9回バングラデシュ・アジア・アート・ビエンナーレ」優秀賞受賞
2000「第1回越後妻有ア−トトリエンナ−レ」
2008「大垣ビエンナーレ」「アート竜巻フェスタ」サイトシーイングバスカメラ
2009「横浜開港150周年記念アンデパンダン展」会場連絡バスカメラ

パブリックコレクション
いわき市立美術館 埼玉県立近代美術館 原美術館 北海道東川文化ギャラリー ロサンゼルス・カウンティ美術館 クィーンズランド美術館 千葉市美術館 東京富士美術館 東京都写真美術館 山形美術館 板橋区立美術館 宇都宮美術館 ミドルバリー・カレッジ美術館 国際交流基金 夕張市美術館 山梨県立美術館 広島市美術館 クリーブランド美術館 MOCA美術館 シカゴ美術館 ヒューストン美術館 長野県東御市 山口県宇部市 上海美術館 グッゲンハイム美術館
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-03-19 14:22 | 参加作家プロフィール
新野圭二郎 Keijiro Niino

1975年 愛知県生まれ。
1999年 日本大学農獣医学部農業工学科卒業
2000年 桑沢デザイン研究所デザイン専科空間デザイン科卒業

個展
2004年 「高野氏にまつわる再構築プロジェクト」古室ビル2F,Central East Tokyo 04, 東京
2005年 「World is not hell, but I do'nt know why sometimes completly hell itself.」Polyponic,   
   Central East Tokyo 05, 東京
2006年 「全ての世界のその、始まりへ Vol.1 」Polyponic viewing room 日本橋, 東京
2007年 「アクション 男は穴の中に3日間入り続ける事を決意する。」CentralEastTokyo07,東京
2009年  F/T Station フェスティバル・トーキョー 池袋, 東京

グループ展
2005年 市原研太郎キュレーション「Index#1 」 Art Zone 京都
2006年 「全ての世界のその、始まりへ Vol.2 」Geisai #10 東京ビッグサイト 有明, 東京
     「決して終わる事も、新たに始める事もできなくなった劇団員たちのシーン11」
White house , Central East Tokyo 06, 東京
2007年 「depositors meeting」 art & river bank 田園調布, 東京
2008年 「The house」展 多面ミラー〜70代生まれアーティストによるグローバル下における葛藤
と幸福〜東京, 六本木
2009年 「AANチョイス展」野毛HanaHana, 横浜, 神奈川
     「東京アンデパンダン展」Coexist秋葉原, 東京
     「ワールド・ハーモナイズ・プロジェクト No.1」国連大学ビル 青山, 東京
     「ワールド・ハーモナイズ・プロジェクト No.2」一乃湯 鎌田, 東京
     「ワールド・ハーモナイズ・プロジェクト No.3」横浜タカシマヤ 横浜, 神奈川

キュレーション
2006年 「フラットな世界以降の新しい美術の流れ」White house, Central east Tokyo 06 , 東京
(近藤ヒデノリとの共同キュレーション)
2008年 「The house」展 多面ミラー〜70代生まれアーティストによるグローバル下における葛藤
と幸福〜東京, 六本木(土屋貴哉との共同キュレーション)

受賞
Geisai#10 「WWD JAPAN」賞
      「Smart」賞
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-01-23 14:37 | 参加作家プロフィール

「未来へ」 遠藤一郎

遠藤一郎 Ichiro ENDO
静岡県生まれ。10代よりパフォーマンスを始める。活動はミュージシャン、DJ、デザイナー(多摩川カジュアル)、絵画、映像など多岐に渡る。未来美術家を名乗り、他の表現者の企画、バックアップ等を行うNATURAL HI!! Freedom Communication を設立。遠藤一郎の作品は全てメッセージを伝えるためのもの。「GO FOR FUTURE」を世界へ発信します。

個展
2008 『超アート展』ZENSHIギャラリー(東京)
    『GO FOR FUTURE』party(いわき)
2009 『Super Canvas』FARM(東京)
   『DRIVING PHOTO MUSIC』/『おいらとゆかいな野郎ども』 Ongoing(東京)

グループ展
2005 『西荻ビエンナーレ』会田誠邸(東京) 
昭和40年会 presents『七人の小侍 +1 』展 anpontan(東京)
2007 『ガンダーラ映画祭』下北沢 LA CAMERA、渋谷アップリンク・ファクトリー(東京)
『世界を知覚する映像と音楽』ZAIM(横浜)
『SA KURA JIMA プロジェクト』元温泉旅館 旧山下家(鹿児島市・桜島)
2008 『HOTEL MAGICAL』magical, ARTROOM ブース、ART@AGNES(東京)
『NATURAL HI!!』GEISAIミュージアム2・東京ビッグサイト(東京)
遠藤一郎(NATURAL HI!!)企画『全員展』MAGIC ROOM?(東京)
『寿町クリエイティブ・アクション』寿町(横浜)
『TOKYO NONSENSE IN L.A.』SCION Installation(L.A)
『横浜アート&ホーム コレクション』住宅展示場(横浜)
『千葉トリエンナーレ 2008』
横浜トリエンナーレ 2008 『リングドームイベント 番外編』(横浜)
大阪府此花区梅香町プロジェクト 『このはな咲かせましょう』
2009 『時々』ターナーギャラリー(東京)
『椿昇×遠藤一郎 H・I・M -Hardcore Industrial Metal-』magical, ARTROOM(東京)
『UNLIMITED』展 アプリュス・アートスペース(東京)
『101TOKYO Contemporary Art Fair 2009』AKIBA SQUARE(東京)
グループ展『陣をたため!出発だ! 愛と希望とカオスのもとへ!』 銀座なびす画廊(東京)
    別府現代芸術フェスティバル2009『混浴温泉世界』わくわく混浴アパートメントコーディネート(大分)
種子島皆既日食イベント『時の芸術祭』参加(鹿児島)
    『オル太 第三回企画展 ヒーロー』 TURNER GALLERY(東京)
    『SUPER ART PARTY』 いわきPARTY(福島)
    『KOSHIKI ART PROJECT』甑島(鹿児島)
『TWIST and SHOUT Contemporary Art from Japan 』 BACC (バンコク)
『愛と平和と未来のために』水戸芸術館(茨城)

その他の活動
2007 『レディオ栄町2057』DJ&パフォーマンス出演アートセンター『Wi-CANP』千葉中央区栄町通り商店街(千葉)
2008 『ART@AGNES』magical2周年&『Gullwing Record』スタート記念ライブイベントにて アートワーク担当
『101TOKYO レクチャーシリーズ: ジャパニーズ・アート・ナウ!』トークショウ出演 
『美術手帖 リニューアル記念 会田誠×野口孝仁 トークショー』出演 青山ブックセンター(東京)
『NADiff A/P/A/R/T(ナディッフアパート)』オープニングパーティー・宣誓』NADiff A/P/A/R/T(東京)
未来美術専門学校開講<1~2回>
『KOTOBUKIクリエイティブアクション2008』未来カフェ運営(横浜・寿町)
『全員展 IN 九州』パフォーマンス(九州)
高橋瑞木氏の講義にて浅井裕介氏とトーク参加(横浜国立大学)
2009 ライブペイント@大分パルコ(別府現代芸術フェスティバル2009のキャンペーン一環)
BIGAKKO ANNUAL REPORT 2009
    NADiiff A/P/A/R/Tにて一周年記念 宣誓
    『タワーナイト16 ~愛と未来と爆弾ナイト~』別府タワー3F Oitaweb.TVタワーホール(大分)
   
参考文献・インタビュー
2008 『コムコム.com』遠藤一郎×愛☆まどんなインタビュー特集
『スタジオボイス』09月号 
『LOAPS』遠藤一郎インタビュー特集 
『クイック・ジャパン』vol.80太田出版インタビュー掲載
『アート・トップ』vol.224 芸術新聞社レビュー掲載
美術手帖 『愛と平和と未来のために』 連載開始
『スタジオボイス』 2009年06月号 掲載
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-01-23 14:33 | 参加作家プロフィール
深瀬 鋭一郎(EIICHIRO FUKASE)
独立キュレーター、コレクター
展覧会、フェスティバル、コンペティションなど、組成する
様々なプログラムの高い芸術性が評価されている。

■略歴
1963 – 大阪市に生まれる
1986 – 東京大学法学部第3類(政治コース)卒業
1998 - 深瀬記念視覚芸術保存基金を設置、代表に就任
2001-2 - パブロルイズピカソ財団在日総合コーディネーター
2003 - 第8回国際コンテンポラリーアートフェスティバルにてグループ展をキュレーション
2004 - 国際交流基金フェローシッププログラム教官
2005 - 「新宿区ダンボール絵画研究会」を結成、事務局長に就任
2006 - アーティスト公募展示プログラム「ANA Meets ARTS」アドバイザー
2006 - 「アースデイ東京2006 お話の森 芸術は地球を救う」キュレーション
2006 - 「100万人のキャンドルナイト2006年夏至 - GINZAで銀河をみる」キュレーション
2006 - 「human Be-in '06」(ヒューマンビーイン2006)昼の部芸術ディレクター
2006 - 「エコ・アート大賞」(現 eco japan cup カルチャー部門)を創設、審査委員会幹事に就任、コンペティションと受賞者展(於東京ビッグサイト)を運営
2007 - 「eco japan cup 2007 Showcase ~エコロジーのゲルニカ創ろう!」(於国連大学ビル内地球環境パートナーシッププラザ(GEIC))をキュレーション
2007-現在 -「TOKYO MiLKY WAY」(関東地方50芸術施設が連合するアニュアル・アート・フェスティバル)総合ディレクター
2008-現在 - art-Link 上野―谷中 2008 コンペティション「龍門」審査委員長
2009-現在 – 「東京アンデパンダン展」発起人兼実行委員長
2009-現在 – アートショー「Birth 2」審査員
2009-現在 – 2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員会委員長

■受賞
2007年度グッドデザイン賞コミュニケーションデザイン部門 受賞作品サポート
第17回モンブラン国際文化賞 受賞

■主な著書・論文
研究叢書「新宿ダンボール絵画研究」(新宿区ダンボール絵画研究会編)執筆・発刊特別協力
現代思想 2006.vol.34-1 特集災害 難民・階級・セキュリティ「災害、ガバナンス、そして芸術」
LR Returns叢書「芸術を目指すあなたのために」(近日出版)
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-01-23 14:31 | 参加作家プロフィール