2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員会公式ブログ。アーチスト藤井浩一朗を応援します。


by shanghai-expo-art

日本委員会委員長 深瀬鋭一郎

深瀬 鋭一郎(EIICHIRO FUKASE)
独立キュレーター、コレクター
展覧会、フェスティバル、コンペティションなど、組成する
様々なプログラムの高い芸術性が評価されている。

■略歴
1963 – 大阪市に生まれる
1986 – 東京大学法学部第3類(政治コース)卒業
1998 - 深瀬記念視覚芸術保存基金を設置、代表に就任
2001-2 - パブロルイズピカソ財団在日総合コーディネーター
2003 - 第8回国際コンテンポラリーアートフェスティバルにてグループ展をキュレーション
2004 - 国際交流基金フェローシッププログラム教官
2005 - 「新宿区ダンボール絵画研究会」を結成、事務局長に就任
2006 - アーティスト公募展示プログラム「ANA Meets ARTS」アドバイザー
2006 - 「アースデイ東京2006 お話の森 芸術は地球を救う」キュレーション
2006 - 「100万人のキャンドルナイト2006年夏至 - GINZAで銀河をみる」キュレーション
2006 - 「human Be-in '06」(ヒューマンビーイン2006)昼の部芸術ディレクター
2006 - 「エコ・アート大賞」(現 eco japan cup カルチャー部門)を創設、審査委員会幹事に就任、コンペティションと受賞者展(於東京ビッグサイト)を運営
2007 - 「eco japan cup 2007 Showcase ~エコロジーのゲルニカ創ろう!」(於国連大学ビル内地球環境パートナーシッププラザ(GEIC))をキュレーション
2007-現在 -「TOKYO MiLKY WAY」(関東地方50芸術施設が連合するアニュアル・アート・フェスティバル)総合ディレクター
2008-現在 - art-Link 上野―谷中 2008 コンペティション「龍門」審査委員長
2009-現在 – 「東京アンデパンダン展」発起人兼実行委員長
2009-現在 – アートショー「Birth 2」審査員
2009-現在 – 2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員会委員長

■受賞
2007年度グッドデザイン賞コミュニケーションデザイン部門 受賞作品サポート
第17回モンブラン国際文化賞 受賞

■主な著書・論文
研究叢書「新宿ダンボール絵画研究」(新宿区ダンボール絵画研究会編)執筆・発刊特別協力
現代思想 2006.vol.34-1 特集災害 難民・階級・セキュリティ「災害、ガバナンス、そして芸術」
LR Returns叢書「芸術を目指すあなたのために」(近日出版)
[PR]
by shanghai-expo-art | 2010-01-23 14:31 | 参加作家プロフィール